スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(1)童話のふるさと香川県     桃太郎・かぐや姫・浦島太郎



香川県には、古代さぬきの国から伝わっている童話が、中讃の桃太郎、東讃のかぐや姫、西讃の浦島太郎があります。

にほんブログ村 歴史ブログへ

《香川の県名の由来》
 香川県は、香川県と讃岐という二つの呼び方がされてきました。
 「さぬき」という国名(コクメイ)は、「古事記」にみえています。「古事記伝」では「竿調国」(サオツキノクニ)という言葉の縮まったものといわれ、飯依比古(イイヨリヒコ)の国を賜った手置帆負命(タオキホオイノミコト)は、矛・竿(ホコ・サオ)を八百本つくり貢物(ミツギモノ)としたので、竿調国といい、国名もそれにもとづくといわれます。

また、中国の「宋書(そうじょ)」倭国伝には、「倭の五王讃・珍・済・興・武が、宋に倭国王の称号を求め、それぞれに与えたと記録されている。
讃王=仁徳天皇という説があり、この地は領地だったとも言われています。それ故、天皇の弟、宇邇若郎子命を祀った神社も多く見うけられます。

讃岐は東西に長く、南北に短いところから「佐貫」(サヌキ)と書いたともいわれています。

 讃岐の美しい山や海の姿をたたえ、「万葉集」(マンヨウシュウ)に、
  玉藻(タマモ)よし讃岐の国は、国がらか見れども飽かぬ  と、詠われています。
※玉藻は、讃岐の枕詞でした。
 香川県は讃岐一国を含み、四国の東北に扇形に突き出した半島です。その向こうには青畳のような美しい瀬戸内海がひらけています。
内海(ナイカイ)には大小多数の島々が散在しています。南には讃岐山脈の山々が展望されます。面積は四国はもとより、全国で最も小さな県です。
 香川という県名は、明治四年(1871)につけられました。その由来は、香東川からでているといわれ、『南海通記』(ナンカイツウキ)という書物に、「この川の上流、樺かわに香木(コウボク)あり、水清く、西風(セイフウ)匂いきてこの河水に、薫(クン)ずる故に、香川と云う」とあります。 -香川の歴史ものがたりより
浦島太郎


 倭迹迹日百襲姫命の心霊画

田村大神倭迹迹日百襲姫
(たむらのおおかみ やまと ととひ ももそひめのみこと)
所蔵:讃岐一宮 田村神社(旧 国幣中社)

more...

スポンサーサイト

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 桃太郎 讃岐 百襲姫 宋書 倭国王 倭の五王 竿調国 飯依比古 手置帆負

(2)物語を作ったのは?       桃太郎伝説

さぬきの桃太郎伝説は、橋本仙太郎氏 (香川郡中間村出身、鬼無小学校の教諭を経て、男木島小学校・亀阜小学校の校長を務める) によると菅原道真公が讃岐国司の時、中笠居(現在の香西)の平賀雅具氏(ひらが まさのり)から伝承を聞いて物語を作った。


道真と笠居郷の平賀雅具氏そして北岡城主(中間郷)の秦久利氏(はた ひさとし)は、飯田郷の高月池で舟を浮かべ、弦張山(浄願寺山)にかかる月を眺め、連歌などを行っていたようです。



秦久利氏には、娘しかいなかったたため『菅原道真公』は、縁者を引き合わせている。久利長門守(くり ながとのかみ)である。後に、菅原道真が、藤原時平との政争に破れ大宰府に左遷される時、下笠居の生島(神在ヶ鼻)に立ち寄り、平賀雅具秦久利らと面会、秦久利は自分が老いている為、久利長門守に大宰府に同行させている。

弦打山(弦張山) 弦張山


高月池(こうづいけ)は、白鳥が冬を過ごす池として地元で知られています。当時は、現在のように池の土手が高くなかったと思われます。

香西八景


 屋島夕照 空を舞台に屋島の夕映え


弦打秋月 曇晴れて弦打山昇る冴えた秋の月


郷東落雁 郷東の空から鳴き落ちてくる雁の群


勝賀暮雪 夕暮れの雪に神秘な勝賀山


根来晩鐘 今日も暮れるか根来寺の入相の鐘


川窪夜雨 雲かけて川窪に降る夜の雨


柴山晴嵐 波さわぐ柴山の晴れた日に昇る山の気


網浦帰帆 網の浦に連なって帰ってくる帆かけ船


~香西記より  


 


橋本仙太郎が調査するのきっかけを作ったのは、鬼無駅で出会った大隈重信です。 物語が、各地に広がったのは道真公の転勤によるが、庶民にまで拡大したのは、江戸時代の高松藩の江戸家老の木村黙老(きむらもくろう)が友人の滝沢馬琴に話したものが、出版されてからのようです。
桃太郎

菅原道真 ⇒ 木村黙老 ⇒ 滝沢馬琴 ⇒ 橋本仙太郎


唱歌


 「桃太郎


 一、桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけた黍團子、一つわたしに下さいな。


 二、やりませう、やりませう、これから鬼の征伐に、ついて行くならやりませう。


三、行きませう、行きませう、あなたについて何處までも、家來になって行きませう。


 四、そりや進め、そりや進め、一度に攻めて攻めやぶり、つぶしてしまへ、鬼ヶ島。


五、おもしろい、おもしろい、のこらず鬼を攻めふせて、分捕物をえんやらや。


六、萬萬歳、萬萬歳、お伴の犬や猿雉子は、勇んで車をえんやらや。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 桃太郎 橋本仙太郎 木村黙老 菅原道真 平賀雅具 秦久利 高月池 弦張山 大宰府

(3)桃太郎のモデルは?

古事記上巻
四国が、歴史に登場するのは「古事記」の国生み中にイザナギ命とイザナミ命により淡道之穂之狭別島(淡路)の次に生まれた伊予之二名島(四国)としてであり、二名とは山脈で二並びに分かれ、島は、体が一つで顔が四つありました。

讃岐の国 ― 米飯の魂をつかさどる男神で、飯依日子(イイヨリヒコ) 飯依比古

 粟の国  ― 五穀をつかさどる女神で、大宜都比売(オホゲツヒメ)

 土佐の国 ― 強健な魂をつかさどる男神で、建依別(タケヨリワケ」)

 伊予の国 ― うるわしい乙女の意の女神で、愛比売(エヒメ)

飯野山
飯依比古を祀る『飯神社』がある飯野山
    (この風景、映画UDONで有名になりました)

次に、隠伎之三子島(隠岐)が出来、その後に
筑紫島(九州)、この島も体が一つ地なのに顔が四つありました。
 

筑紫の国 ― 筑前築後のことで白日別(シラビワケ)
豊国   ―  豊前豊後のことで豊日別(トヨビワケ)
肥の国  ― 肥前肥後のことで建日向日豊久士比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)
熊曾の国 ― 熊曾族の住んだ地である建日別(タケビワケ)

※豊前国(大分県)には、全国四万社とも云われる八幡宮を束ねる『宇佐神宮』や其の南に日出(ひじ)・大神(おおが)・杵築(きずき)等の地名がみられる。また、古には九州の中心であったことを示す別府(四人の太陽神・日別の府中)も有名です。(出雲大社は、別名で杵築大社とも云われる。)

次に、伊伎島(壱岐)、津島(対馬)、佐度の島(佐渡)、大倭豊秋津島(本州)と八つの島が生まれた。これらを総称して大八島と呼ぶ。

 ―現代語訳 古事記 (福永武彦 訳)より―

※古語拾遺によると、生島(神在川窪町・下笠居)とは、大八島の霊が宿るところとある。

※日子(太陽の子)と日別(太陽の子の息子たち)
レイライン北緯34度32分が、上古において人々が一番暮らしやすい緯度だったのではないか? 文明の進化が、その後、暮らす緯度を拡大する。


さらに、次のような島を生んだ
吉備児島、小豆島(あずきじま)、大島姫島(大姫島・姪姫島)、知訶島(直島諸島らしい)、両小島(大槌島・小槌島)の六島です。

直島は、神功皇后の三韓征伐の時、吉備の豪族とこの地で待ち合わせた事から、真知島(まちのしま)の名で呼ばれていました。

男木島・女木島(大姫島・姪姫島)は、陰陽道の考えが入ってからの名前で、それ以前は大姫島(おぎじま)・姪姫島(めぎじま)でそれぞれ豊玉姫命(姉)と玉依姫(妹)を祀っていた為この名で呼ばれた。(陰陽道は、生物も変える。上古の物語に登場する鰐鮫は、陰陽の思想の後、亀に変わる。)

※他にも、姉妹の父であるわたつみの命(海神・綿津見豊玉彦)を祀っていたためその名で呼ばれた豊島がある。
豊島の西方の神子ヶ浜の海上には海神豊玉彦を祀る神社へ海上から参詣する為の、石の鳥居が立っていたそうです。(1970年代水没)

※大槌島・小槌島の間には、竜宮城があると信じられ、その入り口は、亀水の淵(亀水町・下笠居)と考えられていた。

※讃留霊王の南海の悪魚退治で悪魚が住みついたとされるのも、大槌島・小槌島の間の海です。
 

    
古事記の中で、淡路島が一番目に来るのは何故?
       四国の説明(60字)が一番多いのは何故?
       因みに二番めに説明が多いのは九州(54字)
                本州は18字

◆五穀の起源◆阿波の国と大氣津比売
 天ツ神を追放された須佐之男命(スサノオ)は、お腹が空いてきたので「何か食べさせて欲しい」と阿波の国の大氣津比売(オオゲツヒメ)にお願いになった。大氣津比売は、自分の口や鼻、お尻より様々な食べ物を取り出して、料理して須佐之男命に奉った。
「お前は、儂(オレ)が悪人だと思って、お尻から出したものをたべさせるのか。」と殺してしまわれた。この大氣津比売の身体から五穀が生まれました。
 目から稲種、耳から、鼻から小豆、陰から、尻から大豆が生まれた。
神様の世界は、殺しても殺しても、次々と生まれてくる世界です。(無死の世界)
 神産巣日神様(カミムスビノカミ)は、これを「五穀の種」とされた。
かぐや姫

古事記中巻  
第7代孝霊天皇の御子、倭迹迹日百襲姫命と大吉備津日子命と若日子建吉備津日子命が登場する。
  倭迹迹日百襲姫命(ももそ姫)は、3歳で大和を旅立ち、8歳で讃岐・引田の安戸の浦に到着、水主(水主神社)に住み地元の民に稲作・灌漑を伝えたが、讃岐全土を治めるため、馬篠(艪掛神社)から船に乗り、讃岐・船岡山(船岡神社)に入り落ち着いた後、讃岐一宮(田村神社)に住み、ため池を作り、稲作を伝え、讃岐全土を治めたため、地元では農業の開祖神として祀られている。

  大吉備津日子命(オオキビツ彦・イサセリ彦)と若日子建吉備津日子命(ワカタケ彦)は、四道将軍として力を併せ針間(播磨)を足場に吉備の国へと攻め入り、この地を平定した。
  
  大吉備津日子命は、吉備の上道の臣(かむつみちのおみ)と呼ばれ若日子建吉備津日子命は、吉備の下道の臣(しもつみちのおみ)と呼ばれた。これが笠臣の祖であり、ワカタケ彦が治めた地には、笠の地名が残っているといわれる。

  ももそ姫が、讃岐を治めていた頃、雌雄島(女木島・男木島)を根城とした海賊が笠居郷(香西・鬼無)あたりまで進出してきた為、吉備の国から讃岐の姉を訪ねてきたきびつ彦兄弟に海賊(鬼)征伐を依頼ここに桃太郎伝説の原型が誕生する。
  その後、ももそ姫は18才の頃大和の国からの帰還命令により地元の反対空しく、讃岐の国を去ることになりました。
◇ももそ姫のお墓は、奈良県の広陵町にあり『箸墓』として親しまれています。(全長280m)また、近くには讃岐神社があり、これはももそ姫とともに讃岐から移り住んだ斎部(忌部)一族が創祀したと云われています。

箸墓 地図上の不思議な発見

箸墓 『地図上の不思議な発見』より



  ここに、讃岐の地元の民に愛されたももそ姫には、

    中讃では、桃太郎の姉として
    東讃では、かぐや姫として
    西讃では、浦島太郎の乙姫として伝承されていきました。

 また、笠臣の祖といわれている『若日子建吉備津日子命』の子女は、第十代景行天皇と結ばれ、皇子『神櫛王』が生まれている。『神櫛王』は讃岐国造の祖といわれ、その墓は、『牟礼の王墓』にあり毎年十月二十日には宮内庁からも来讃し、『神櫛王』を祀っている。そして、日本武尊が『神櫛王』の兄で、讃岐綾氏の祖といわれる『讃留霊王(武殻王)』の父です。讃留霊王は、讃岐綾一族の祖といわれています。

『神櫛王』
『神櫛王』

宮内庁看板
宮内庁看板

王墓
王墓

高松市牟礼町 神櫛王墓
高松市牟礼町 神櫛王墓

王墓の鳥居
王墓の鳥居

王墓の古石積
王墓の古石積



にほんブログ村 歴史ブログへ

古事記
日本に現存する最古の歴史書で全三巻からなる。 和銅五(712)年

稗田阿礼(ひえだのあれい)が、天武天皇の命で誦習した帝紀及び先代の旧辞を
太安萬侶(おおのやすまろ)が、元明天皇の命で編纂して献上した。
編纂者の一人に、藤原不比等の名も見える。
 
古事記上巻・・・神代の世界
古事記中巻・・・神武天皇以降の、天皇家末子相続の歴史
古事記下巻・・・仁徳天皇以降の、天皇家長子相続の歴史

cf.讃岐一宮 田村神社 創祀 和銅二年 709年
観音寺豊浜八幡神社 創祀 和銅元年 708年
綾川   滝宮神社 創祀 和銅二年 709年
 (滝宮天満宮の西隣にあります。創祀はこちらがずいぶん古い)

 玉藻城(高松城)を築城した生駒親正は、藤原不比等から十六代後の子孫で、親正の墓は高松の弘憲寺とともに、先祖ゆかりの志度寺にも造られた。志度寺のまつり『十六度市』はこのことから名付けられたとも云われる。
 生駒親正は、関ヶ原の戦いで西軍につくが、子の生駒一正は東軍で、石田光成の家老・光成に過ぎたるもの二つありと云われた『島左近』を討ち取った功績から父の出家を許される。しかし、四代生駒高俊の世に、生駒騒動により讃岐23万石から秋田県矢島藩1万石に移されました。
 これが、秋田『稲庭うどん』のルーツと云われています。

         

more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 飯依比古 大宜都比売 建依別 愛比売 生駒親正 生駒一正 石田光成

(4)さぬき桃太郎伝説八社巡り

桃太郎地図


さぬき桃太郎伝説が伝わる神社です。さぬきうどんでも食べながら一度巡ってみませんか?
讃岐一宮田村神社(一宮町)・滝宮天満宮(綾川町)・宇佐神社(香西本町)・岩田神社(飯田町)・山崎八幡宮(西山崎町)・桃太郎神社(鬼無町)・住吉大神宮(女木町)・加茂神社(男木町)

長曽我部氏に追われた讃岐一宮田村大宮司
戦国時代に四国を統一しようとした長曽我部元親は、讃岐の香西氏を攻め、香西氏の姻戚関係にあった讃岐一宮・田村大宮司もこの戦いに参戦、善戦空しく敗走することとなりました。その敗走先が、約二千年前に倭迹迹日百襲姫命に随行した讃岐忌部を始祖とする讃岐神社(奈良県広陵町)だったのです。讃岐神社と田村神社は、二千年もの時を経た付き合いがありました。其の後、逃れた田村宮司は、十数代を経て今は、犬山の神社の宮司として讃岐神社(広陵町)もみています。犬山の桃太郎伝説は、長曽我部氏に追われた一宮田村氏が、讃岐の民に自分の無事を伝える情報発信だったのかもしれません。

『地図上の不思議な発見』:
http://www.geocities.jp/yasuko8787/0-0husigihakken-d.htm

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 田村神社 桃太郎 かぐや姫 吉備津彦命 讃岐一宮 浦島太郎 滝宮天満宮

(5)現在の田村神社 お旅所

田村神社御旅所

讃岐一宮田村神社
 さぬき桃太郎伝説は、ここに住まいを移された第七代孝霊天皇の皇女、ももそ姫(讃岐一宮ご祭神)の物語から始まる。
琴電が開通した時は、ここが一宮駅であった。今の一宮駅は、約200m程西である。

cf. 讃岐一宮 田村神社  (高松市一宮町)
   讃岐二宮 大水上神社(三豊市高瀬町)
   讃岐三宮 多和神社 (さぬき市志度)
讃岐四宮 櫛梨神社  (善通寺市)
   讃岐五宮 大麻神社  (善通寺市)

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 讃岐一宮 菅原道真 一宮 田村神社

(6)讃岐國一宮 田村神社の鳥居と参道





参道と鳥居

旧来の参道は、コトデンの線路を越え当時のお旅所であった天降神社(香川町大野)まで続いていた。コトデンの開通とともに線路から南の参道はなくなり天降神社(あまくだりじんじゃ)だけが残った。
鳥居の先に随身門が望める。

more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 讃岐一宮 田村神社 桃太郎 かぐや姫 浦島太郎 菅原道真 吉備津彦命

(7)讃岐國一宮 田村神社 随神門

随神門

随神門 
この門をくぐると先に、本殿が見える。

桃太郎のお話》
ももそ姫こそ、第7代孝霊天皇の子であり、五十狭芹彦命(大吉備津日子命)と稚武彦命(若日子武吉備津日子命)の姉、いわゆる桃太郎の姉であった。

ももそ姫の弟(太郎)だから桃太郎と名づけられる。

cf.讃岐には、他にも【百(もも)】の付いたものがある。
      百相郷(もまいごう現:一宮町、仏生山町、三名町あたり)
百相村(もまいむら現:仏生山町)
      百手弓の儀式(西讃の神社で多い)



more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 讃岐一宮 田村神社 桃太郎 かぐや姫 浦島太郎 菅原道真

(8)讃岐國一宮 田村神社 本殿 定水大明神 の神淵

本殿

延喜式内社 讃岐國一宮 田村神社
この本殿奥に深淵(定水)があり、古来よりご神体として覗く事が禁じられてきました。

江戸時代に奥殿の改修工事が行なわれた折、神官『田村隼人』の制止を振り切り覗き込んだ普請奉行『竹村斉庵』が龍ににらまれ、家人にその話をしている途中息途絶えた言い伝えも残っています。


また、主祭神の倭迹迹日百襲姫命
      (中讃:桃太郎の姉、東讃:かぐや姫、西讃:乙姫)の伝説は、

神社東の『袂井』(姫が腹痛のとき袂に水を含み飲ませ腹痛を治した)や

神社西の『花ノ井』(18歳で当地を去った後,姫を偲びこの水で花を生けた) に

も残っています。

讃岐一宮宮司
初 代  秦 宮司
   ・
   ・
   ・
     田村宮司
   ・
   ・
   ・
第64代 松岡調(みつぐ)宮司・・・多和文庫の創設者
第65代 松平宮司     ・・・元お殿様
第66代 長曽我部宮司(西条出身)
第67代 池田宮司
第68代 池田宮司(現在)

more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 田村神社 讃岐一宮 倭迹迹日百襲姫命 吉備津彦命 燈篭祭 延喜式

(9)讃岐國一宮 田村神社   うつぎ社

宇都伎社

宇都伎社

ご祭神は、大地主神(おほとこぬしのかみ)と倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 倭迹迹日百襲姫命 田村神社 一宮 水主神社 吉備津彦命

(10)讃岐國一宮 田村神社   素婆倶羅社

素ばくら社

素婆倶羅社

御祭神は少名毘古那神(すくなひこなのかみ)を主祭神とし、大年神・塞神・大水上神・菅原神が左右に配されている。

more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 孝霊天皇 倭迹々日百襲姫 吉備津彦 一宮御陵 田村神社

全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
時計

自己紹介

桃太郎 tnk

Author:桃太郎 tnk
童話のふるさと香川県!!

カテゴリー
最近のコメント
あなたの天気
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking  

 ↑四国のブログにリンクしています。
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 トラコミュ 史跡・神社仏閣へ
史跡・神社仏閣
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
携帯用QRコード
QRコード
携帯電話からも確認できます。
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のトラックバック
国盗りカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。