スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(177)生島と亀水の名前の由来!?

生島(いくしま)と亀水(たるみ)

陰陽道の山五色台(青峰・白峰・黄峰・黒峰・紅峰)のおよそ北東側に下笠居地区があります。

《下笠居―植松町・中山町・神在川窪(しんざいかわくぼ)町・生島町・亀水(たるみ)町の5町の総称》

笠居地区は、旧笠居郷のうち、上笠居(現 鬼無)・中笠居(香西)とともに、讃岐に伝わる桃太郎伝説にも、いろいろな地名※1が伝わります。

※1、中山・赤子谷・柴山・串の山・神在鼻・突抜泉・弓弦羽(ゆづりは)・王越・・・など

今回、注目したのは『生島』・『亀水』です。
(亀水の読み方が、なぜたるみなのか。不思議ですネ。)

ここは、五色台からの涌水に恵まれていたため、上古より備讃瀬戸の島々から、水を求めてやって来ました。それは、突抜泉の伝説などによって伝承されています。

室町時代後期まで、中讃岐の中心は中笠居で当時の香西氏(細川四天王)がこの地に治世のための藤尾城と五色台に連なる戦闘用の勝賀山城を有していたのも上古からの流れです。
香西氏は、ここから備讃瀬戸の水軍を束ねていたのです。

当時、今の高松中心部は篦原(のはら)の庄と呼ばれた香東川の三角州で、矢竹が茂る野原だったようです。戦国時代、豊臣の中老の生駒親正が城を築城したことで、今の高松の原型が出来上がります。
下笠居地区 (高松市)
下笠居地区 (高松市)地図右方

古事記のなかに、

伊邪那伎神と伊邪那美神の『国生み』によって生まれた大八島※2の霊(おおやしまのみたま)で、国土の神・島※2の神の神格を持つ神として

生島いくしまのかみ(別名:生国魂神いくくにたまのかみ)と
足島神たるしまのかみ(別名:咲国魂神さきくにたまのかみ)の

二神が登場します。

※2、日本列島の古い呼び名
※3、島とは、『日本列島』と考えられている。

この、生島足島神日本の国土に宿る神霊とされている。
二神は基本的に同じ神格を有する一対の神であり,
(イク)」は生成・発展すること
(タル)」は満ち足り繁栄することを意味し、
それは国土に存在するあらゆる生命の発展と繁栄をつかさどっていることに繋がります。

上古から大八島の霊が宿るところと云い伝えられてきたゆえんです。

下笠居の生島亀水(足水)※4も、古代の日本人が持っていた国土に対する神霊思想により、この土地に霊魂『国魂』が宿ることを表現した地名であると考えられます。

※4、陰陽道の思想が、日本に入ってきてから陽と陰・男と女・雄と雌のを地名などに使うようになったようです。また、陰陽思想は生き物も変えます。それまで、伝説に登場していた『鰐(鮫)』が以降、『亀』に変わります。また、古い井戸にも『亀』の名前が付いているのも、生命の源の水に対する信仰の表れです。

そして、生島神足島神を祀る朝廷の祭事として、天皇が即位して大嘗祭が行われた翌年に必ず行う『八十嶋祭(やそしまさい)』があります。

八十嶋祭』は、新しい天皇による国土の統治権を精神的に裏付けるために実施されたようです。




五色台の北に大槌島と小槌島という双子の島があります。(古事記に両児島と紹介。)春分・秋分の頃、夕方に、男木島の豊玉姫神社の鳥居から西を眺めると、二つの島が『海に浮かぶ鳥居』に見えます。右の注連柱である『大槌島』の上に夕日が落ちる風景は、感動的です。是非、一度ご覧ください。
(宿泊しない場合、帰りの船の時間にご注意ください。)

また、島の間の海は、潮の流れが速く槌の戸と呼ばれ、この海で獲れた『糸縒鯛(いとよりだい)』は鱗が金色に光るとか云われ好漁場です。
(江戸時代に備前と讃岐の海の境界を決めるために『樽』を流したのは大槌島です。崇徳上皇の経流し・武殻王の悪魚退治・龍宮城伝説なども、この海に残る伝説です。)

more...

スポンサーサイト

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 生島 亀水 八十嶋祭 五色台 陰陽道の山 崇徳上皇 笠居

(175)直島の名前の由来

直島は、保元の乱で敗れた崇徳上皇が讃岐へ配流される途中、この島に立ち寄られたとき、島民の純真素朴さを賞して命名されたと伝えられていますが・・・


古事記の国生みに、

吉備児島、別名を武日方別(タケビカタワケ)、

小豆島(あずきじま)、別名を大野手比売(オホノデヒメ)、

大島、別名を大多麻流別(オホタマルワケ)、

姫島(大姫島・姪姫島)、別名を天一根(アメヒトツネ)、

知訶島(直島)、別名を天之忍男(アメノオシヲ)、

両児島(大槌島・小槌島)、別名を天両屋(アメフタヤ)の六島が出てきます。

姫島は、日女島(ひめじま)だったようです。

      吉備児島              (犬島)         小豆島
六島
両小島             姫島      大島

この六島を地図上で辿るとおもしろいことに気づきます。これらの島々の中央には豊島があるのです。それを裏付けるように豊島には数々の遺跡と伝承があります。『豊島』は海神(オオワタツミ)の豊玉彦を祀る島として、上古から備讃瀬戸の海人族の信仰の地だったのです。

※知訶島(ちかのしま)は、値嘉島(ちかのしま)とも書かれている。値が直となり直島となったと考えられます。豊島から近く見えたため、もしくは近くに小島が多かったから『ちかの島』と呼ばれたのでしょう。

     値嘉島  →  直島

神功皇后の三韓征伐の折、直島で吉備の豪族の軍勢を待ったため、真知島(まちのしま)とも呼ばれていました。瀬戸内海には、神功皇后が、戦勝祈願のため『』を立てながら西進したため、『壇』の付いた地名が数多く見られます。
(cf.屋島の壇ノ浦、豊島の壇山、下関の壇ノ浦)

※海神(大綿津見:オオワタツミ)の豊玉彦・・・豊玉姫・玉依姫の父

※大姫島(オギジマ)・姪姫島(メギジマ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・男木島(豊玉姫)・女木島(玉依姫)
(各地に、男女の名前が見られるようになったのは、陰陽道が伝えられてからです。)



直島
郷社  八幡神社(直島村字高田浦八幡山)

男木島
村社  豊玉姫神社(雌雄島村大字男木島字殿畑) 豊玉姫を祀る

女木島
村社  八幡神社(雌雄島村大字女木島字宮の上) 玉依姫神社を合祀する

豊島
郷社   八幡神社(豊島村大字家浦字ウナキ)
村社  八幡神社(豊島村大字唐櫃字濱田)

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 小豆島 姫島 直島 値嘉島 豊島 男木島 女木島 神功皇后 崇徳上皇

(142)豊島(綿津見豊玉彦の島)

 豊島は、今ではごみの島という悪名がついたが、古代には瀬戸内海民族が、山神を祀る大三島(大山祇神社)とともに、海神(綿津見豊玉彦)を祀る島として信仰の象徴でした。
古事記」の国生み中にイザナギ命とイザナミ命により淡道之穂之狭別島(淡路)の次に生まれた伊予之二名島(四国)としてであり、二名とは山脈で二並びに分かれ、島は、体が一つで顔が四つありました。

讃岐の国 ― 米飯の魂をつかさどる男神で、飯依日子(イイヨリヒコ) 飯依比古

 粟の国  ― 五穀をつかさどる女神で、大宜都比売(オホゲツヒメ)

 土佐の国 ― 強健な魂をつかさどる男神で、建依別(タケヨリワケ」)

 伊予の国 ― うるわしい乙女の意の女神で、愛比売(エヒメ)

次に、隠伎之三子島(隠岐)が出来、その後に
筑紫島(九州)、この島も体が一つ地なのに顔が四つありました。
 

筑紫の国 ― 筑前築後のことで白日別(シラビワケ)
豊国   ―  豊前豊後のことで豊日別(トヨビワケ)
肥の国  ― 肥前肥後のことで建日向日豊久士比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)
熊曾の国 ― 熊曾族の住んだ地である建日別(タケビワケ)
次に、伊伎島(壱岐)、津島(対馬)、佐度の島(佐渡)、大倭豊秋津島(本州)と八つの島が生まれた。これらを総称して大八洲島と呼ぶ。

さらに、次のような島を生んだ。
吉備児島、別名を武日方別(タケビカタワケ)、
小豆島(あずきじま)、別名を大野手比売(オホノデヒメ)、
大島別名を大多麻流別(オホタマルワケ)、
姫島(大姫島・姪姫島※1)、別名を天一根(アメヒトツネ)、
知訶島(直島諸島※2)、別名を天之忍男(アメノオシヲ)、
両小島(大槌島・小槌島※3)、別名を天両屋(アメフタヤ)の六島です。

この六島を地図上で辿るとおもしろいことに気づきます。これらの島々の中央には豊島があるのです。それを裏付けるように豊島には数々の遺跡と伝承があります。豊島は、上古から備讃瀬戸の海人族の信仰の地だったのです。

※知訶島(ちかのしまは、値嘉島、血鹿島とも書かれている。値が直になったと思われます。)

豊玉彦神社
豊島八幡宮


 豊島は、豊玉姫命(姉)と玉依姫(妹)姉妹の父であるわたつみの命(海神・綿津見豊玉彦)を祀っていたためその名で呼ばれた。
 豊島の未申方位の神子ヶ浜(みこがはま※4)の海上には、付近の島々から参詣に来る石の鳥居が立っていました。(1970年代に嵐のため水没)
また、豊島最高峰(標高340m)の檀山(だんやま)には、豊峰権現神社が付近の、スダジイの森を水源とする島の霊泉(唐櫃地区の清水の霊泉)を守ってきました。

唐櫃の霊泉1
唐櫃の霊泉1

スダジイの森の保水力は、この島の霊泉を一年中枯れさせる事がない。
唐櫃の霊泉2
唐櫃の霊泉2



※1.男木島・女木島(大姫島・姪姫島)は、陰陽道の考えが入ってからの名前で、それ以前は大姫島(おぎじま)・姪姫島(めぎじま)でそれぞれ豊玉姫命(姉)と玉依姫(妹)を祀っていた為この名で呼ばれた。

※2.直島は、神功皇后の三韓征伐の時、吉備の豪族とこの地で待ち合わせた事から、真知島(まちのしま)の名で呼ばれていました。

※3.海の鳥居:往古より大槌島・小槌島の間の海底(槌ノ戸)には『竜宮』があると信じられ、その入り口は、下笠居の亀水(たるみ)とされた。亀水の隣には生島(いくしま)地区があり、『古語拾遺』には大八洲島の霊が宿るところとある。男木島にある豊玉姫神社は南に向いているし、上段中段の鳥居も南からの参拝者を、迎えている。ところが参道はそのまま南に下りず、西に向かうのである。そして、下段の鳥居から西の海上を眺めた時、なんとそこには大槌島・小槌島が海上の鳥居のごとく出現するのである。夕日が、西の海上に沈む時、正に豊玉姫神社の鳥居から眺めた夕日は大槌・小槌の鳥居の間に沈んでいくのである。神秘的光景です。

※4.神子ヶ浜には、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)ご生誕の伝説が残る。

 彦火火出見命(山幸彦)が海神の綿津見豊玉彦の勧めで龍宮に赴いた際、豊玉姫命はその妃となり、山幸彦が帰国したのち、あとを追って来て、山幸彦の国で御子を産みたいと告げる。そして神子ヶ浜に産屋を建て、山幸彦に中を覗かないように禁じて産屋に籠った。しかし、産屋が出来上がらないうちに御子が産まれ、山幸彦は好奇心を抑えられず、覗き見してしまうと、出産中の豊玉姫命は八尋鰐と化していた。姫は正体を見られたのを恥じ、御子・鵜葺草葺不合命を置いて、父の海神のもとへ帰ってしまう。しかし、恋しい夫と御子のことが忘れられず、妹の玉依姫命に御子を養育させるべく、彦火火出見命のもとへ赴かせる。
豊島でご生誕の鵜葺草葺不合命が、神武天皇の父となられます。

豊峰権現1
豊峰権現神社の鳥居から本殿までの参道



more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 豊島 綿津見 豊玉彦 豊玉姫 玉依姫 彦火火出見 鵜葺草葺不合 値嘉島 神武天皇

(3)桃太郎のモデルは?

古事記上巻
四国が、歴史に登場するのは「古事記」の国生み中にイザナギ命とイザナミ命により淡道之穂之狭別島(淡路)の次に生まれた伊予之二名島(四国)としてであり、二名とは山脈で二並びに分かれ、島は、体が一つで顔が四つありました。

讃岐の国 ― 米飯の魂をつかさどる男神で、飯依日子(イイヨリヒコ) 飯依比古

 粟の国  ― 五穀をつかさどる女神で、大宜都比売(オホゲツヒメ)

 土佐の国 ― 強健な魂をつかさどる男神で、建依別(タケヨリワケ」)

 伊予の国 ― うるわしい乙女の意の女神で、愛比売(エヒメ)

飯野山
飯依比古を祀る『飯神社』がある飯野山
    (この風景、映画UDONで有名になりました)

次に、隠伎之三子島(隠岐)が出来、その後に
筑紫島(九州)、この島も体が一つ地なのに顔が四つありました。
 

筑紫の国 ― 筑前築後のことで白日別(シラビワケ)
豊国   ―  豊前豊後のことで豊日別(トヨビワケ)
肥の国  ― 肥前肥後のことで建日向日豊久士比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)
熊曾の国 ― 熊曾族の住んだ地である建日別(タケビワケ)

※豊前国(大分県)には、全国四万社とも云われる八幡宮を束ねる『宇佐神宮』や其の南に日出(ひじ)・大神(おおが)・杵築(きずき)等の地名がみられる。また、古には九州の中心であったことを示す別府(四人の太陽神・日別の府中)も有名です。(出雲大社は、別名で杵築大社とも云われる。)

次に、伊伎島(壱岐)、津島(対馬)、佐度の島(佐渡)、大倭豊秋津島(本州)と八つの島が生まれた。これらを総称して大八島と呼ぶ。

 ―現代語訳 古事記 (福永武彦 訳)より―

※古語拾遺によると、生島(神在川窪町・下笠居)とは、大八島の霊が宿るところとある。

※日子(太陽の子)と日別(太陽の子の息子たち)
レイライン北緯34度32分が、上古において人々が一番暮らしやすい緯度だったのではないか? 文明の進化が、その後、暮らす緯度を拡大する。


さらに、次のような島を生んだ
吉備児島、小豆島(あずきじま)、大島姫島(大姫島・姪姫島)、知訶島(直島諸島らしい)、両小島(大槌島・小槌島)の六島です。

直島は、神功皇后の三韓征伐の時、吉備の豪族とこの地で待ち合わせた事から、真知島(まちのしま)の名で呼ばれていました。

男木島・女木島(大姫島・姪姫島)は、陰陽道の考えが入ってからの名前で、それ以前は大姫島(おぎじま)・姪姫島(めぎじま)でそれぞれ豊玉姫命(姉)と玉依姫(妹)を祀っていた為この名で呼ばれた。(陰陽道は、生物も変える。上古の物語に登場する鰐鮫は、陰陽の思想の後、亀に変わる。)

※他にも、姉妹の父であるわたつみの命(海神・綿津見豊玉彦)を祀っていたためその名で呼ばれた豊島がある。
豊島の西方の神子ヶ浜の海上には海神豊玉彦を祀る神社へ海上から参詣する為の、石の鳥居が立っていたそうです。(1970年代水没)

※大槌島・小槌島の間には、竜宮城があると信じられ、その入り口は、亀水の淵(亀水町・下笠居)と考えられていた。

※讃留霊王の南海の悪魚退治で悪魚が住みついたとされるのも、大槌島・小槌島の間の海です。
 

    
古事記の中で、淡路島が一番目に来るのは何故?
       四国の説明(60字)が一番多いのは何故?
       因みに二番めに説明が多いのは九州(54字)
                本州は18字

◆五穀の起源◆阿波の国と大氣津比売
 天ツ神を追放された須佐之男命(スサノオ)は、お腹が空いてきたので「何か食べさせて欲しい」と阿波の国の大氣津比売(オオゲツヒメ)にお願いになった。大氣津比売は、自分の口や鼻、お尻より様々な食べ物を取り出して、料理して須佐之男命に奉った。
「お前は、儂(オレ)が悪人だと思って、お尻から出したものをたべさせるのか。」と殺してしまわれた。この大氣津比売の身体から五穀が生まれました。
 目から稲種、耳から、鼻から小豆、陰から、尻から大豆が生まれた。
神様の世界は、殺しても殺しても、次々と生まれてくる世界です。(無死の世界)
 神産巣日神様(カミムスビノカミ)は、これを「五穀の種」とされた。
かぐや姫

古事記中巻  
第7代孝霊天皇の御子、倭迹迹日百襲姫命と大吉備津日子命と若日子建吉備津日子命が登場する。
  倭迹迹日百襲姫命(ももそ姫)は、3歳で大和を旅立ち、8歳で讃岐・引田の安戸の浦に到着、水主(水主神社)に住み地元の民に稲作・灌漑を伝えたが、讃岐全土を治めるため、馬篠(艪掛神社)から船に乗り、讃岐・船岡山(船岡神社)に入り落ち着いた後、讃岐一宮(田村神社)に住み、ため池を作り、稲作を伝え、讃岐全土を治めたため、地元では農業の開祖神として祀られている。

  大吉備津日子命(オオキビツ彦・イサセリ彦)と若日子建吉備津日子命(ワカタケ彦)は、四道将軍として力を併せ針間(播磨)を足場に吉備の国へと攻め入り、この地を平定した。
  
  大吉備津日子命は、吉備の上道の臣(かむつみちのおみ)と呼ばれ若日子建吉備津日子命は、吉備の下道の臣(しもつみちのおみ)と呼ばれた。これが笠臣の祖であり、ワカタケ彦が治めた地には、笠の地名が残っているといわれる。

  ももそ姫が、讃岐を治めていた頃、雌雄島(女木島・男木島)を根城とした海賊が笠居郷(香西・鬼無)あたりまで進出してきた為、吉備の国から讃岐の姉を訪ねてきたきびつ彦兄弟に海賊(鬼)征伐を依頼ここに桃太郎伝説の原型が誕生する。
  その後、ももそ姫は18才の頃大和の国からの帰還命令により地元の反対空しく、讃岐の国を去ることになりました。
◇ももそ姫のお墓は、奈良県の広陵町にあり『箸墓』として親しまれています。(全長280m)また、近くには讃岐神社があり、これはももそ姫とともに讃岐から移り住んだ斎部(忌部)一族が創祀したと云われています。

箸墓 地図上の不思議な発見

箸墓 『地図上の不思議な発見』より



  ここに、讃岐の地元の民に愛されたももそ姫には、

    中讃では、桃太郎の姉として
    東讃では、かぐや姫として
    西讃では、浦島太郎の乙姫として伝承されていきました。

 また、笠臣の祖といわれている『若日子建吉備津日子命』の子女は、第十代景行天皇と結ばれ、皇子『神櫛王』が生まれている。『神櫛王』は讃岐国造の祖といわれ、その墓は、『牟礼の王墓』にあり毎年十月二十日には宮内庁からも来讃し、『神櫛王』を祀っている。そして、日本武尊が『神櫛王』の兄で、讃岐綾氏の祖といわれる『讃留霊王(武殻王)』の父です。讃留霊王は、讃岐綾一族の祖といわれています。

『神櫛王』
『神櫛王』

宮内庁看板
宮内庁看板

王墓
王墓

高松市牟礼町 神櫛王墓
高松市牟礼町 神櫛王墓

王墓の鳥居
王墓の鳥居

王墓の古石積
王墓の古石積



にほんブログ村 歴史ブログへ

古事記
日本に現存する最古の歴史書で全三巻からなる。 和銅五(712)年

稗田阿礼(ひえだのあれい)が、天武天皇の命で誦習した帝紀及び先代の旧辞を
太安萬侶(おおのやすまろ)が、元明天皇の命で編纂して献上した。
編纂者の一人に、藤原不比等の名も見える。
 
古事記上巻・・・神代の世界
古事記中巻・・・神武天皇以降の、天皇家末子相続の歴史
古事記下巻・・・仁徳天皇以降の、天皇家長子相続の歴史

cf.讃岐一宮 田村神社 創祀 和銅二年 709年
観音寺豊浜八幡神社 創祀 和銅元年 708年
綾川   滝宮神社 創祀 和銅二年 709年
 (滝宮天満宮の西隣にあります。創祀はこちらがずいぶん古い)

 玉藻城(高松城)を築城した生駒親正は、藤原不比等から十六代後の子孫で、親正の墓は高松の弘憲寺とともに、先祖ゆかりの志度寺にも造られた。志度寺のまつり『十六度市』はこのことから名付けられたとも云われる。
 生駒親正は、関ヶ原の戦いで西軍につくが、子の生駒一正は東軍で、石田光成の家老・光成に過ぎたるもの二つありと云われた『島左近』を討ち取った功績から父の出家を許される。しかし、四代生駒高俊の世に、生駒騒動により讃岐23万石から秋田県矢島藩1万石に移されました。
 これが、秋田『稲庭うどん』のルーツと云われています。

         

more...

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 飯依比古 大宜都比売 建依別 愛比売 生駒親正 生駒一正 石田光成

全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
時計

自己紹介

桃太郎 tnk

Author:桃太郎 tnk
童話のふるさと香川県!!

カテゴリー
最近のコメント
あなたの天気
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking  

 ↑四国のブログにリンクしています。
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 トラコミュ 史跡・神社仏閣へ
史跡・神社仏閣
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
携帯用QRコード
QRコード
携帯電話からも確認できます。
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のトラックバック
国盗りカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。