スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(253)栗林公園 大茶会 (旧日暮亭除幕式)

栗林公園大茶会
旧日暮亭
「旧日暮亭」を紹介する看板の除幕式。
(左から)官休庵第14代千宗守氏、 高松松平家第14代松平頼武氏、
浜田恵造香川県知事

茶室「新日暮亭」の「旧日暮亭」への改名と一般公開3周年を記念して、改名式や記念茶会などが行われました。旧日暮亭は高松藩2代藩主・松平頼常の時代(1673~1704年)に建てられた官休庵の茶室。(参照:考槃亭)

旧日暮亭
栗林公園 古川所長

旧日暮亭

 改名式では、浜田知事が「旧日暮亭への改名を機に多くの人に歴史的な価値を知ってもらい、文化の香りを感じ取って頂きたい」と挨拶。看板の除幕式を行って改名を行いました。

旧日暮亭

 この日は、4流派による記念茶会が開かれ、掬月亭では、江戸時代の茶懐石料理も再現されました。また、旧日暮亭でも一般人が参加する茶席が、初めて行われました。
(4流派=武者小路千家・表千家・裏千家・石州流)

旧日暮亭

旧日暮亭

降蹲踞
降蹲踞

桶樋滝
桶樋滝

 また、記念フォーラムでは、高松松平家第14代当主の松平頼武氏や武者小路千家(官休庵)第14代家元の千宗守氏、浜田知事が出演し、栗林公園の魅力や今後のあり方などについて意見を交わしました。

商工奨励館
商工奨励館

鶴亀松(百石松)
鶴亀松(百石松)
旧日暮亭

旧日暮亭
スポンサーサイト

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 栗林公園 松平頼武 千宗守 官休庵

comment

Secret

官休庵

千利休の孫、元伯宗旦(げんぱくそうたん)には四人の男子がありましたが、長男閑翁宗拙(かんおうそうせつ)は故あって家を出たため、次男の一翁宗守(いちおうそうしゅ)、三男の江岑宗左(こうしんそうさ)、四男の仙叟宗室(せんそうそうしつ)がそれぞれ、官休庵(かんきゅうあん)、不審菴(ふしんあん)、今日庵(こんにちあん)として初祖利休以来の道統を継ぎました。不審菴は表千家、今日庵は裏千家、官休庵はその所在地名から武者小路千家(むしゃこうじせんけ)と通称され、現在に至ります。武者小路千家の流祖、一翁宗守は兄宗拙と共に宗旦先妻の子であり、一時は兄同様父の下より離れ、吉岡甚右衛門(よしおかじんうえもん)と名乗り塗師を業(なりわい)としました。やがて千家の兄弟達の勧めでその技を初代中村宗哲に譲り、千家に復し、現在の地に茶室「官休庵」を建て、茶人としての道を歩み始めました。一翁ははじめ陽明家(ようめいけ)(近衞家(このえけ))に、そののち讃岐高松藩の茶道指南の地位にもあり、広くその名を知られる活躍を続けました。晩年は武者小路の現在地に悠々自適、茶三昧の生活を送ったと伝えられます。武者小路千家では、一翁以降も歴代家元は讃岐高松藩の茶道指南をつとめ、一指斎(いっしさい)の代にまで及びました。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
時計

自己紹介

桃太郎 tnk

Author:桃太郎 tnk
童話のふるさと香川県!!

カテゴリー
最近のコメント
あなたの天気
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking  

 ↑四国のブログにリンクしています。
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 トラコミュ 史跡・神社仏閣へ
史跡・神社仏閣
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
携帯用QRコード
QRコード
携帯電話からも確認できます。
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のトラックバック
国盗りカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。