スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(257)讃岐國一宮田村神社 深淵の御神体 除幕

2011年12月13日(火)午前10時30分
深淵のご神体 金龍 除幕
田村神社 金龍除幕式
「底なしの淵」は,奥殿の下にある田村神社のご神体です。水と田の神さまの田村神社の奥殿は少々他の神社とはおもむきを異にしています。拝殿、幣殿、もうひとつ奥の本殿ともっとも低いのが,神さまをお祀りしてある奥殿なのです。

田村神社 金龍除幕式
もっとも棟の低い奥殿の下が,絶対に見ることができないという「底なしの淵」。盛夏といえども凄冷の気満つるところと伝えられているが,決してのぞいてはならない深淵です。

田村神社 金龍除幕式
神話画家のマークエステルさんが、黄龍(麒麟)に乗るご祭神の倭迹迹日百襲姫命図を奉納 !

むかし、松平頼重公の命により,明暦元年田村神社の修理改築の折、普請奉行の竹村斉庵は神官の田村隼人に深淵を拝観したいと願いました。隼人は止めようとしたが聞き入れません。

田村神社 金龍除幕式
日本昔話の池原昭治さんも、田村神社の来年の絵馬を奉納!
来年から12年間、シリーズとして制作される

うかがい見た斉庵は凄愴の気にうたれ、にわかに心地悪くなり、駕籠で家に帰り寝こんでしまいそれからしばらくして息絶えてしまったそうです。

田村神社 金龍除幕式
 そしてこの話は、まだ続きます。「底なしの淵」を木枠で囲い蓋をしましたが、そのすきまから大工がのみを落しこんだところ、そのなかのものが差し出してくれたが、大工は恐ろしくて手で受け取ることができず、おそるおそる足で挟んで持ちあげました。ところがそれがわるかったのです。

金龍
奉行も,大工もわずかばかりの患いであえない最期を遂げてしまったのです。

金龍
普請の最中に、「底なしの淵」に不敬があったということで二人のものが命を落してしまった。まこと,生神のしるしであるとすべての人が恐れ慎んだ。奥殿が創祀約千三百年近くなるがまだ誰も神淵を覗き無事だった者はいないと伝わっています。

深淵の御神体



   讃岐國一宮 田村神社のご神体のお話 
           池原昭治

高松の田村神社は讃岐の国の一の宮といわれ、延喜式内社に入る県内でも有数の古いお社です。
 水と田の神様で知られる田村神社の奥殿は、少々、他の神社とは趣を異にしています。
 拝殿、幣殿、もう一つ奥の本殿、そのまた奥のもっともっと奥底にご神体がお祀りされているのです。
ご神体は何人も絶対にみることが許されないと言われています。
真夏でも冷たく「底なしの淵」と呼ばれ、決して覗いてはならない神淵になっています。
昔のお話しです。
高松のお殿様の命により、明暦元年に田村神社の修理改築が執り行われました。
その時の普請奉行・竹村斉庵が神官に、「 ぜひ一度、神淵を拝観したい 」と願いました。
「 とんでもございません、この神淵は何人も拝観することは叶いません。どうぞ、ご勘弁ください。 」
「なーに、ほんの少し、ほんの少しだけじゃ 」と、止めるのも聞かず斉庵は神淵を伺い見ました。
するとどうでしょう、ハッと目がくらみ、にわかに心地悪くなり、急ぎ駕籠で家に帰り寝込んでしまい、まもなく息絶えてしまったといいます。
この話は、まだ続きます。
そのあと深淵を木枠で囲い、蓋をしたのですが、その隙間から大工がノミを落としてしまいました。
すると、淵の中からノミを差し出してくださったそうです。
大工は、恐ろしくて恐ろしくて、おもわず足で挟んで持ち上げました。
これが悪かったのでしょう、奉行も大工も非業の最期を遂げたということです。
普請の最中に神淵に不敬があったということで、二人の命が奪われました。
これまさに生き神の印であると、すべての人が恐れ慎んだということです。

金龍

 来年の辰(たつ)年を前に、香川県高松市一宮町の田村神社(池田博文宮司)に「金龍(きんりゅう)」のモニュメントが完成した。13日、同神社で除幕式があり、迫力ある龍がお披露目された。

 ご鎮座1300年(2009年)記念事業の一環で企画。同神社には、奥殿にある深井戸に竜が住むという伝説が残っており、辰年を迎えるのに合わせて、ご神体である水の神「龍神」を建立した。

 モニュメントは、高さ5・7メートルのアルミ合金製。二つの金の宝珠を持ち、今にも空へと飛び立ちそうなさまを表現している。龍神は財をもたらす神として、事業の成功や金運上昇の言い伝えがあるという。

 除幕式には総代会の会員ら約80人が出席。神事を行った後、名前を書いた小判を金龍に奉納して完成を祝うとともに、金運アップを祈願していた。

 この日は、古事記をテーマに創作活動をするフランス人画家のマークエステルさんが龍神などを描いた絵画も奉納された。
(四国新聞から)

マークエステル
スポンサーサイト

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 田村神社 マークエステル 池原昭治

comment

Secret

来年は「龍」 神社でも準備

来年の干支は「たつ」です。
龍神を神体とする高松市内の神社でも新しいモニュメントがお目見えするなど、新年を迎える準備が整っています。
「一宮さん」で親しまれている高松市の田村神社に新しくお目見えしたのは、巨大な龍神です。
高さおよそ6メートル、金の宝珠をしっかりと握る様子は力強さとともに、おめでたさも感じさせます。
来年の干支が、ご神体の「龍」と同じである事から建立されたもので、きょうは関係者50人が出席して神事が行われました。
一方、こちらも新たにお目見えした、辰の絵馬です。
高松市出身の画家、池原昭治さんが手がけました。
田村神社の龍神とそのふるさとをイメージしたという作品は、猛々しさよりも愛らしく、「まんが日本昔ばなし」を手がけた池原さんらしい仕上がりです。
池原さんが手がけた絵馬は、来年から12年間、シリーズとして制作されるということです。
(RNC ニュースより)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
時計

自己紹介

桃太郎 tnk

Author:桃太郎 tnk
童話のふるさと香川県!!

カテゴリー
最近のコメント
あなたの天気
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking  

 ↑四国のブログにリンクしています。
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 トラコミュ 史跡・神社仏閣へ
史跡・神社仏閣
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
携帯用QRコード
QRコード
携帯電話からも確認できます。
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のトラックバック
国盗りカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。