スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(65)海女の玉取伝説

 藤原不比等の妻 海女の玉取り物語
今から1300年の昔 、大職冠(たいしょくかん)藤原鎌足公が、この世を去った時のことです。
 当時、海の向こう唐の国の皇帝・高宗の妃となっていた鎌足の娘(白光びゃっこう)は、父の死を嘆き悲しみ、せめて父の霊前に供えようと、唐の宮廷に伝わる『華原磬』(かげんけい)・『泗浜石』(しひんせき)・『面向不背の珠』(めんこうふはい)の三つの宝物をはるばると船に乗せて送ってきました。
※華源磬(かげんけい) 袈裟(けさ)をかけるまで鳴り止まない金鼓。
泗濱石(しひんせき) 墨をすると水が湧いてくる硯。
面向不背の珠(めんこうふはいのたま) 珠の中に釈迦の 像があり、どの方向から見てもいつもお顔が正面を向いている珠。
 ところが、その船がさぬき志度の浦の沖合いにさしかかった時、一天にわかに掻き曇り、波が立ち騒ぎ、あれよあれよと驚くうちに波間から姿を現した竜神が、宝物の一つ『面向不背の珠』を打ちつかみ海底深く沈んでしまいました。
それから10年、鎌足の息子藤原不比等は、その玉を奪い返すために、『淡海』と名乗り、身分を隠して志度の浦へと下って来ました。そして、眉目美しい海女『玉藻』と契りを結び、ついにその本心を打ち明けて助けを乞いました。今は、不比等との間に一子『房前』という子供までもうけている海女『玉藻』の驚きは如何ばかりだったでしょう。愛する夫のために悲しい決意を胸の奥深く秘めた海女は、ただ一筋の命綱を頼りに、海底深く竜宮へ偲び寄ったのです。そして、『面向不背の珠』を見つけましたが、その玉は竜神に守られていて、なかなか取り返せません。激しい水中の戦いの揚句、ようやく珠を取り返し持っていた短刀で乳の下をかききり、珠を隠し海上に浮かび上がりました。
 しかし、夫の手に『面向不背の珠』を渡し、子供の行く末を頼むと良き途絶えてしまったのです。
 不比等は、玉藻の心根をふびんに思い、遺体を志度寺に埋葬しこの地を『死渡の道場』と名付け霊を弔い、子供を連れて都に帰りました。この子供が後の藤原四家のなかで一番繁栄した北家の創始、房前大臣(ふささきのおとど)と呼ばれた『藤原房前』です。
 後に房前大臣は、死渡を僧の行基とともに訪れ、母の冥福を厚く祈り悲しみを乗り越える為この地名を『志度』と変えたと伝えられています。
 夫のため、子供のために命を捨てた海女『玉藻』の墓は今も志度寺の境内に残っています。そして、物語は謡楽の『海女』として現代にも伝わっています。
海女『玉藻』

藤原不比等は、奈良時代初期、西暦659年に藤原氏の始祖『藤原鎌足』の次男として誕生。
大宝元年(701年)刑部(おさかべ)親王とともに《大宝律令》をまとめた。
同年、大納言となり、和銅元年(708年)右大臣となる。
養老二年(718年)太政大臣に任じられる。
平城京遷都では、新京の経営にあたり、氏寺の《山階寺》を奈良に移し、寺の名前を《興福寺》と改称した。藤原四家を生み、北家十代の後に藤原道長が登場する。
 そして、その16代後に讃岐を統治するのが、高松城初代城主の生駒親正です。親正は、不比等を偲び一六度市を志度に起こし、自分のなきがらも弘憲寺とともに志度寺にも分骨しています。
              讃岐の民話より
スポンサーサイト

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 藤原鎌足 藤原不比等 房前 面向不背の珠 華原磬 泗濱石 謡楽 白光

comment

Secret

全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
時計

自己紹介

桃太郎 tnk

Author:桃太郎 tnk
童話のふるさと香川県!!

カテゴリー
最近のコメント
あなたの天気
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking  

 ↑四国のブログにリンクしています。
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 トラコミュ 史跡・神社仏閣へ
史跡・神社仏閣
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
携帯用QRコード
QRコード
携帯電話からも確認できます。
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のトラックバック
国盗りカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。