スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(67)讃岐一宮 田村神社 『底なしの渕物語』

底なしの渕」は,奥殿の下にある田村神社のご神体である。水の神さま,田の神さまの田村神社の奥殿は少々他の神社とはおもむきを異にしている。拝殿、幣殿、もうひとつ奥の本殿ともっとも低いのが,神さまをお祀りしてある奥殿なのである。
倭迹迹日百襲姫命
 もっとも棟の低い奥殿の下が,絶対に見ることができないという「底なしの淵」なのだ。盛夏といえども凄冷の気満つるところと伝えられているが,決してのぞいてはならない神淵なのだ。
 むかし、松平頼重公の命により,明暦元年田村神社の修理改築の折、普請奉行の竹内斉庵は神官の田村隼人に神淵を拝観したいと願った。隼人は止めようとしたが聞き入れない。
うかがい見た斉庵は凄愴の気にうたれ、にわかに心地悪くなり、駕籠で家に帰り寝こんでしまいそれからしばらくして息絶えてしまった。
 この話は,まだ続く。「底なしの淵」を木枠で囲い蓋をする。その穴から運わるく大工がのみを落しこんだところ、そのなかのものが差し出してくれたが、大工は恐ろしくて手で受け取ることができず、おそるおそる足で挟んで持ちあげた。ところがそれがわるかった。奉行も,大工もわずかばかりの患いであえない最期を遂げてしまった。
 普請の最中に,「底なしの淵」に不敬があったということで二人のものが命を落してしまった。まこと,生神のしるしであるとすべての人が恐れ慎んだ。

 「一宮大御普請の事」にはこうしたことが記録されてあるが,とにかく見てはいけないところは,やたら見せろ見せろと言うのはつつしんでもらいたいと伝えられている。

 「底なしの渕」にいたものは何かわからない。でも,神竜がいたのだとも,竜が守護しているのだともいう。かつては,境内に黒い蛇がたくさんいた。それは,神さまのお使い姫だったというのだ。

 袂井(たもとい),花の井など,境内にはいくつかの湧井がある。この袂井は,姫神がごやを召し上りすぎて下痢をなさったとき,この井戸の水を着物のたもとですくってお飲ませした。すると,姫神の下痢はとまり元気になられたというのだ。霊泉なのだ。

 それからしばらくの後,姫神がおなくなりになったとき,花の井の水をくみ姫神の御前に花をさして供えた。

 田村神社のお田植祭のとき,ひき入れる水田の水も,同じ水系のものを使用する。

 正月には,田村神社から おみずはつほ(御神水)をいただいて帰り,歳神さまへお供えしていた。ものがたい人がいる家では,現在でも続いている風習なのである。

 袂井花の井底なしの渕,ともに神水であり名水,田をうるおすもとの水と言うことになる。

              讃岐の民話 田村神社底なしの渕』より
スポンサーサイト

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 田村神社 松平頼重 御神水 底なしの渕 袂井 花の井

comment

Secret

全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
時計

自己紹介

桃太郎 tnk

Author:桃太郎 tnk
童話のふるさと香川県!!

カテゴリー
最近のコメント
あなたの天気
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking  

 ↑四国のブログにリンクしています。
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 トラコミュ 史跡・神社仏閣へ
史跡・神社仏閣
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
携帯用QRコード
QRコード
携帯電話からも確認できます。
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のトラックバック
国盗りカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。