スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(97)讃史-伝説と神社 【10.酒部黒麿】

古代讃岐石神祀

神櫛王』、『武殻王』に関連してまた『酒部黒麿』にも異説がある。綾歌郡栗熊村村社宇閇神社の伝によると、武殻王四世の孫『綾真玉』の子『益甲黒丸』という者が、酒を醸造して第十九代允恭天皇(412~453
)に賜り酒部という姓を賜るとある。

 同郡造田村郷社 天川神社の舊記には、讃岐国造の始祖『神櫛王』の遠裔の『益甲黒丸』が那珂郡神野郷に住み、その女が上手に酒を醸造した。これを、孝謙天皇に奉りて、姓酒部を賜うとあり、神野郷(後の真野郷)の矢原氏家記に、『神櫛王』三十五世の孫『酒部黒麿』とあるのに一致する。

 この天川神社舊記、矢原氏家記等は讃岐国官社考証にも引用されている。

                -縣神社史より


酒部益甲黒麿が地元では『城山長者』と呼ばれている。
城山長者是なり武殻王四世孫綾の真玉の子也。名を益甲と称す。初め家に井水なきを憂へ其居の東北の隈に栗樹あり、鵜が之に集まる鵜地を一日跑ると、清水が涌く。夜中星光相照らし玉光如し、因って玉井と名つく。其傍に居る者、皆富めり。郡を名て鵜足と云い邑を號けて隈玉或いは栗隈と称す。七月七日夜、益甲の夢枕に、神女が現れ井上に瑞現し水精玉(直径五寸)なるを与え、曰く『汝、謹んで祠を建てこの玉を奉ぜよ』是に於いて祠が井上の建つ。星光映射す。ゆえに名を星宮と云い里人是を仰ぐ。この水で益甲が小麦を醸し酒を造ると其の味は甘烈黒して清し、之を名て黒丸酒と云い、允恭帝に献上す。帝之を嘗て大いに喜び、遂に姓字を賜いて酒部益甲黒丸と名乗る。

スポンサーサイト

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : 神櫛王 武殻王 酒部黒麿 宇閇神社 酒部 益甲黒丸 天川神社舊記

comment

Secret

全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
時計

自己紹介

桃太郎 tnk

Author:桃太郎 tnk
童話のふるさと香川県!!

カテゴリー
最近のコメント
あなたの天気
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking  

 ↑四国のブログにリンクしています。
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 トラコミュ 史跡・神社仏閣へ
史跡・神社仏閣
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
携帯用QRコード
QRコード
携帯電話からも確認できます。
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のトラックバック
国盗りカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。